会社概要・沿革・アクセス

会社概要・沿革・アクセス|五面加工・大型金属加工なら福井の吉田機工│製缶溶接から金属加工まで自社一貫対応

  • HOME   >   
  • 会社概要・沿革・アクセス

会社概要

社名 株式会社 吉田機工
代表者 代表取締役 吉田 誠
主要製品
  • 各種搬送装置
  • 省力化機械
加工内容 マシニング加工、旋盤加工、製缶溶接加工
加工可能な材質 鉄、ステンレス、アルミ、銅、その他
対応可能なワークサイズ
  • 厚み:2200mm
  • 幅:3600mm
  • 長さ:9000mm
  • 外径:Φ3300mm
主要取引先 渋谷工業(株)、浪速ポンプ製作所(株)、片山機械(株)、(株)鯖江工業所,、大同工業(株)、中村留精密工業(株)、東芝機械(株)、IHI運搬機械(株)
本社所在地 〒910-3634
福井県福井市大森町108-3-10
本社電話番号 0776-98-5678
受付時間/平日8:30~17:30
定休日/日曜日・祝日 ※土曜日隔週
本社FAX番号 0776-98-3153
E-mail お問い合わせはこちら
資本金 1,000万円
従業員数 24名(2020年1月時点)
工場規模
  • 敷地面積 2,838m2
  • 建物面積 1,815m2

沿革

昭和51年10月 福井市高木中央にて吉田機工を設立。建設機械・産業機械のアフターおよびメンテナンスを開始。
昭和58年8月 シャーリングおよびプレスを導入。コンクリート2次製品型枠の製造を始める。
昭和58年10月 有限会社吉田機工を資本金300万円にて設立。
昭和62年7月 福井県丹生郡清水町大森の鉄鋼団地へ進出。1000坪の土地に300坪の工場を建設。清水工場として営業を開始する。物流機械・自動装置の製造へ体制を強化。
平成3年7月 有限会社吉田機工を株式会社吉田機工に変更し、資本金を1000万円に増資する。「世界の吉田機工」を目指し、新たな出発。
平成4年3月 福井県下初の大型マシニングセンター五面加工機(東芝)を導入。併せて、五面加工機工場を増築する。大型から小型まで、各装置の一貫生産体制を充実させる。
平成8年7月 200坪の第2工場を建築し、レーザー加工機(三菱)を導入。精密切断・特殊切断開始。
平成22年10月 第2工場に五面加工機MPC-3680EⅡ(東芝)を導入。
平成23年12月 第2工場に立旋盤TUE-23/33S(東芝)を導入。
平成27年12月 第2工場に五面加工機MPF-3116FS(東芝)と立フライス盤MILLAC-611VⅡ(オークマ)を導入。
平成28年12月 先代の後を継ぎ、吉田誠が代表取締役へ就任。
平成30年10月 200坪の第3工場を建築し、五面加工機MVR40-Ex(三菱)を導入。

アクセス

アクセス